5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

DQアドベンチャー

1 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/29 00:22 ID:yi95+Yzy
基本的にはゲームブック形式(選択制)なのですが、特徴としてステータス
(HP、攻撃力、守備力、素早さ)があります。また覚醒度という独自の
システムがあり、それが重要な鍵を握ります。
ここまで書いておいて何なのですが、いつでも誰でも参加できるようにする
つもりですので、お気軽に書き込みを下さい。
最初の主人公はアリーナの予定です。

2 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/11/29 00:23 ID:3ogDaESj


3 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/11/29 00:23 ID:ps8hFu6P
ドラクソ

4 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/11/29 00:27 ID:w39HY/Et
アリーナ「あんあん、きもちいい。」
トルネコ「ずいぶんとすきなおひめさまだな。そらそら。」
アリーナ「いっちゃう。」


クリフト「あ、あのしょうにん!アリーナ様になんてことを!しこしこしこ。」

5 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/11/29 00:27 ID:AwDYsWIJ
>>1
なんだかわかりませんががんがってください!

6 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/11/29 00:42 ID:HRnqjh3+
sageだな

7 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/29 00:46 ID:yi95+Yzy
〜簡単なあらすじ〜
総てが終えた後、導かれし者たちはそれぞれの帰途につきました。
しかし近頃、大陸極西の島国――スタンシアラで強力な魔物が発生する
事件が起こりました。しかもその背後には列島独立派の動きがあります。
武闘家としての血が騒ぐアリーナは、再び騒動に巻き込まれるのでした。

8 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/29 01:07 ID:yi95+Yzy
〜登場人物〜(仮です)
・アリーナ……黄金の腕輪と静寂の玉を装備し、進化の秘法で力を得た者と
       戦うことができる。
・ライアン……HP教官。
・マーニャ……攻撃教官。
・ミネア……守備教官。
・ブライ……素早さ、必殺技教官。
・クリフト……世界樹とパデキアの効用で進化の暴走(覚醒度)を押さえようと
       研究している。
・トルネコ……世界情勢に詳しく、アイテムを揃えてくれる。

9 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/29 21:25 ID:tFSAZpJc
〜国家及び組織設定〜(仮です)
・スタンシアラ……極西の島国。
・事業団(医療開発事業団)……アリーナ達が所属する財団法人。

・独立派……スタンシアラからの独立を要求する、列島独立党や過激派
      IRA(独立共和国軍)の総称。

・普遍教会……世界に信徒と抱え、影響力の大きい宗教団体。

10 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/29 22:49 ID:tFSAZpJc
 この国は曇りが多い。ただそんな日でも小鳥のさえずりと新鮮な空気は、
いま朝を迎えていることを教えてくれる。
 公園のベンチにたたずむ少女に、下腹に貫禄のある男が包み紙を手にやってきた。
「いやぁ、待たせたねアリーナ」
「それよりトルネコさん、この国で一番美味しいものを食べさせてくれるって……」
 男が広げたものがアリーナの鼻をそそり、それがフィッシュ&チップスだと知った。
「ローストビーフは祝いの日だけで充分だが、これなら毎日いけるからね」
「食べ過ぎるとネネさんに叱られますよ……あっ、実はこの服ネネブランドなんです」
 アリーナはブラウンのコートを一回転して見せた。それと同時にオレンジの髪がふわりと舞う。
 口髭の生えた中年の大商人は、その様子を喜ばしい半面、複雑な気持ちで眺めていた。

「……進化の秘法を使い、その力を押さえるために黄金の腕輪と静寂の玉を体内に埋め込んだという
のは本当のことなのかい?」
 答えは少女の頷きで表された。
「でもわたしがやるしかないんです。それに城を抜け出した時から気持ちは変わっていません。
誰よりも強くなりたい!困っているひとを助けたい!」
 トルネコは目を閉じたまま、何度か頷いていた。そしてゆっくりと立ち上がった。
「サントハイムの国王から伝言を預かっていてね。『自分に素直に生きなさい』との
ことだったよ」
「……お父様には手紙を送ります」
「その時はトルネコ商会をよろしく」
 中年の男が笑いながら去っていくのを見送りつつ、アリーナは武闘家と王女という
二つの運命の天秤を計らずにはいられなかった。

11 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/29 23:15 ID:tFSAZpJc
これで後は選択肢に移れると思いますので、お気軽に数字を書き込んでみて下さい。
アリーナは事業団の施設の中で訓練を受けます。現在の状況は以下の通りです。
HP15 功5 守5 速10 覚醒度5%
何故ピサロも倒せたはずのアリーナのステータスがここまで下がってしまっているかは、
会話によって明らかになっていきます。
それでは数字を選んでください。もし複数の場合は、多数決→書き込みの早さで
決めていきたいと思います。

1ライアンとHP訓練 2マーニャと攻撃訓練 3ミネアと守備訓練
4ブライと素早さ訓練 5クリフトの研究観察

書き込みが無かった場合は自分でコツコツ書いていくつもりですが、
ぜひ参加されてみてください。一応∩(゚∀゚∩)ageてみます。

12 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/11/29 23:23 ID:Yhvy7Dat
>>10
アンタ文才無いや。やめとけ。

13 :2-5:03/11/30 00:19 ID:lng51T2W
じゃあ1で

14 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/11/30 00:54 ID:VxdR7YUa
http://cgi.linkclub.or.jp/~piari/cgi-bin/dqbattler.cgi

勝負だ!

15 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/11/30 01:14 ID:ZfmQrxw9
>>14
マルチうざぁ・・・。

16 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/30 10:41 ID:jtiI2R7m
ありがとうございます!>13さんの意見で1に決まりました!

 医療開発事業団――表向きは薬や医療器具を研究する目的で国や企業の出資を受けて
建てられた。しかし実態は禁じられた秘法――属に言う錬金術の実験を行っている。
 アリーナはその広大な施設の一角、噴水を中心に緑に囲まれた広場をランニングウェアに
ハーフパンツという薄手の格好で走っていた。
 傍らのベンチにはコートを羽織った筋肉質の男がその様子を見守っている。アリーナは
息を切らせながら、中年の男に近づいた。
「はぁ、はぁ……あとどれくらい走りば……」
「昔のようにはいかんのだし、このくらいで止めておいても良いと思うが……」
「いやです。ライアンさんと張り合えるくらいになりたいですから!……あと10マイル行ってきます」
「5マイルにしておきなさい」
 聞くな否や少女は駆け出してしまった。ライアンは曇った空を見上げ『自分がここに
いるべきなのか』といつもの自問を繰り返すのだった。

アリーナはHPが3上がった。HP18 功5 守5 速10 覚醒度7%

1ライアンとHP訓練 2マーニャと攻撃訓練 3ミネアと守備訓練
4ブライと素早さ訓練 5クリフトの研究観察

数字の選択をよろしくお願いします。>12さんのおっしゃる通りつたない文章ですが、
もし楽しんで頂ければこれに越したことはありませんm(_ _)m

17 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/30 10:44 ID:jtiI2R7m
一応∩(゚∀゚∩)ageておきます。

18 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/11/30 12:47 ID:MJXdjfSd
楽しんでるのは>>1だけのような気がしてならんのだが
読みにくい・・・

19 :チームH:03/11/30 13:31 ID:FgzS9d5/
AIがとまらない

20 :ドーミネーター ◆WkDN/W0HOE :03/11/30 13:37 ID:GuQ8Sugj
>19
絵柄変わりすぎだよ、あの人。

>>1
がんばてください。

21 :ドーミネーター ◆WkDN/W0HOE :03/11/30 14:00 ID:GuQ8Sugj
一応、
>>16 3.で。

22 :2-5:03/11/30 19:27 ID:Y7qYQBVD
5で

23 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/30 20:04 ID:15iisNR2
ありがとうございます!>21さんの意見で3に決まりました! 

 中庭を覗ける施設内の通路をスーツ姿の女性と共にアリーナは歩いていた。
スーツの肩にかかる赤紫の髪の色は珍しいが、すれ違う職員はその美貌にも目を
向けているようだった。
「どこへ向かうんですか?」
「えぇ、まず訓練の前に所長に会わせておきたいと思って……ここよ。ミネアです、
入ってもよろしいですか?」
「はい、どうぞ」
 ミネアは立ち止まったドアにノックをして、返事を確認するとアリーナを部屋へ招き入れた。
 中には何の変哲も無い白衣の男がデスクに座っており、アリーナの姿を確認すると
握手を求めてきた。
「君の姿を見るのは手術の時以来だよ。あぁ紹介を忘れたね、私はオーリン。
一応ここの所長を任されている、と言ってもたいした地位ではないがね」
 オーリンは軽く笑うと、アリーナの顔を覗き込むようにして二の腕を掴んだ。
「君には実験のようなことをさせてすまないと思っている。だが必要なことなんだ」
「分かってます。わたしは昔のようにまた皆と一緒にいれて嬉しいんです」
「……所長、訓練がありますから」
 ミネアの声にオーリンは手を放した。アリーナとミネアは一礼して部屋を後にする。
本音を隠さない男にアリーナは好感を持った。ふとミネアの顔を見るとクスクスと笑っている。
「あの人はダメよ。姉さんが狙っているもの」
 アリーナは否定しようと思ったが、ミネアには何を言っても心を読まれてしまう。
占い師の怖さを知ったアリーナだった。

特に変化なし。HP18 功5 守5 速10 覚醒度8%

1ライアンとHP訓練 2マーニャと攻撃訓練 3ミネアと守備訓練
4ブライと素早さ訓練 5クリフトの研究観察

それでは数字の選択をお願いします。

24 :2-5:03/11/30 20:09 ID:Y7qYQBVD
選択ってゆうか話の流れからして3じゃないの?

25 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/30 20:32 ID:15iisNR2
>2−5さん
あなたのおかげでスレが始まりました。参加ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

>12さん>18さん
これからも文章やルール等のご指摘をお寄せ下さい。そしてよろしければ
参加されてみてください。

>ドーミネーターさん
面白いお名前ですね。参加ありがとうございます。コツコツと頑張っていきます。

>スザクさん
もしいらしたら書き込みをください。前スレはdat落ちしてしまい申し訳ありませんでした。
ルールも変わっていますが、ぜひ参加されてみてください。

26 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/30 20:38 ID:15iisNR2
>24の2−5さん
うっ、そうかもしれませんね(^^;まぁ、時間制で交代が来るということで……
これからもツッコミをよろしくお願いしますm(_ _)m

27 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/11/30 21:54 ID:NCJajlVg
一応∩(゚∀゚∩)ageておきます。
また覚醒度はどんな行動でも徐々に上がっていきます。
戦闘に大きく関わってきますし、100%になってしまうと……
((;゚Д゚)ガクガクブルブル←実はまだ決まっていません。

28 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/11/30 22:09 ID:ZfmQrxw9
>>16
ちょっと待てよ。
辞めとけって言う自分に都合の悪い意見は無視か?

29 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/01 08:48 ID:0PdPfKDu
    /  /  /    /    }     |\        |
   /  /  /    /     __/      }  \     |
 /  / /   __/      / }       }   \  |
/ / /__,‐-''´ ̄     /   }        }     \|
/ / ̄ ヽ  //    /  o  /  /____|
/   _  ( /   /   / /   \
______  ̄~ゝ‐-''´ゝ、、/_/        \     なんじゃ
\`ヽ_  ̄o〕 |彡     ̄  _/~~\      \   
.//\ ``''''''´ |//      /  )   \    /   このスレはぁああああああああ!!!
/// //ヽ   |   / / /V /~ ̄ }  /   
./ /// ///}  |_// _//  /~|     } ./ 
./// /// /\ <~....ゝ <_ /  i    <.    
// /// /// /\ \   {_ {   i   <  \
. /// /// /////\ \ <_ {     / /  \

30 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/01 09:19 ID:jBpxCOpO
>28さん
自分のわがままだと分かっていますが、続けてみたいのです。
読み苦しい点は私の力量不足です。どうかご了承ください。

ありがとうございます!>24の2−5さんの意見で3に決まりました!

 ミネアの後を黙々と付いて行き、辿りついた場所は図書館だった。事業団の所蔵する冊数は
国立のものにも引けを取らない。
 アリーナを席に座らせ、早足で本棚の間を抜けていくと、ミネアは数冊の本を抱えて戻ってきた。
そして、きょとんとした表情で待つオレンジ髪の少女の前に本を置く。
「これが守備の訓練です。本を読んで集中力を養いましょう」
「えぇぇぇ!」
「何か不満ですか?大事なことです」
「……だってブライにも同じことされた記憶が……しかもシェークスピア」
「演劇調で面白いでしょう?さぁ読みましょう」

アリーナは守備力が1上がった。HP18 功5 守6 速10 覚醒度9%

1ライアンとHP訓練 2マーニャと攻撃訓練 3ミネアと守備訓練
4ブライと素早さ訓練 5クリフトの研究観察

それでは数字の選択をお願いします。

31 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/01 13:53 ID:0PdPfKDu
              _____
             /-―――‐-\
           /、--――――‐--ヽ
          |   |--―――‐‐-l´ |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |,  |.--―――--|  ,|     |
         / ヾ  |---――--/ i´ \   |  
        ┌、     ゝ二二二ノ    /┐   | サボらずちゃんと学校行けよ
        |l| l\__   ヽ | /   __/| ||| <  
        └-i、 \ ̄\⊥∠ ̄/ _,i-┘   \_____________
 ̄| ̄`7⌒/―' ̄ヘ i´三、__,.三`i へ ̄ー-ヽ⌒ヾ ̄| ̄ ̄| ̄
 |  /  /   /  `、 〈^⌒⌒^〉 /   ヽ   |  |  |   |
 |  |  |        `ヽ`^=^´/ /       |  |  |   |
 |  \ \      ヽ `ー‐'´ /       / /  |   |
 |  / \ \     ヽ    /       / / \  |   |

32 : ◆WkDN/W0HOE :03/12/01 14:21 ID:0kwAnKYo
>>30
2.

>>28
辞めろばかり言うのではなく、どこがどう読みにくいのか指摘してあげることの方が必要です。
っつーか、単なる煽りですか。そうですか。


文章というのは書けば書く程上手くなります。
他の作家さんの真似でもいいから、とりあえずどんどん文章を書いていくようにしたら良いと思います。
もちろん、"他人に読んでもらう"という意識を持つことは必要ですが。
順調にいけば、一スレ埋まる頃には、かなり上手くなっているはず。

けど、実際それ程悪くないとは思います。もうちょっと短文形式でやると読みやすいかな。
自分が上手いと思う、作家さんの文章を研究してみては?
頑張って下さい。まぁ、僕が言えた義理じゃないんですけどね(汗

33 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/01 18:51 ID:I44+tWA1
>32さん
ありがとうございます。ご意見はとても参考になりましたし、参加して頂けるだけで嬉しく思います。
指導の面でも参加の面でも、どうぞよろしくお願いします。

>32さんの2に決まりました。参加ありがとうございます。

 コンコンと戸を叩き、中の反応を待った。ミネアには『姉さんの部屋には勝手に入ってよい』
と許可をもらっている。それでも不安な気持ちは隠せなかった。ゆっくりとドアノブに手を掛ける。
「何してるの?早く入りなさい!」
 マーニャの声だった。部屋には酒臭が漂い、テーブルには幾つもの空瓶が散らばっていた。
顔もスーツ姿もミネアと瓜二つだったが、性格の違いは一目で分かった。すでに小麦色の肌は
赤みを帯びている。
「ボジョレヌーボーはスッキリし過ぎてるわ。やっぱりスタンシアラに来たらスコッチよね」
 アリーナは恐る恐る向かいの席に座る。かつての冒険の中でマーニャの酒癖の悪さは心得ていた。
「突然質問ターイム!戦闘におけるダメージ計算は?」
「えぇ!……えーと、(攻撃力−(敵の守備力÷2))÷2±aでしたよね」
「……正解!!これで今日の訓練は終了でーす。さぁ飲もう」
「まだ訓練がありますし、今回はこのへんで……」
 アリーナは逃げるように部屋をあとにした。壁に空瓶がぶつけられる音を聞きながら……。

アリーナは攻撃力が2上がった。HP18 功7 守6 速10 覚醒度11%

1ライアンとHP訓練 2マーニャと攻撃訓練 3ミネアと守備訓練
4ブライと素早さ訓練 5クリフトの研究観察

それでは数字の選択をお願いします。

34 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

35 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/01 19:01 ID:uSIJzfhs
うわっ

36 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

37 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

38 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/01 23:11 ID:cxMJNp8f
>>33
ブライと素早さって何をやるんだ?ということで4

>性格の違いは一目で分かった
この文、主語は誰っすか?ナレーター?
しかたのないこととはいえ、主語が目まぐるしく変わるのが読みにくさなのかなあ・・・
漏れも人のこと言えないけど

39 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

40 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

41 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

42 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/02 01:09 ID:0Z8gEfnW
荒らしてるやつ楽しいか?

43 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/02 06:47 ID:2Ncn6InA
>38さん
なるほど、主語をアリーナ本人の視点(一人称的な『わたし』)にするのか、
第三者視点にするのか、明確に決めていませんでした。
基本的にはアリーナの気持ちを重視して『わたし』文章でいきたいのですが、
このあと敵のシーンも出てきますので、文章を統一させたいとも考えていますし……
うーん、悩みどころです。ご指摘ありがとうございます。

ブライに素早さですが……以外にお爺さんの素早さが高かった気がします(^^;

44 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

45 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

46 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

47 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

48 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

49 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/02 17:56 ID:/81+GhDM
>38さんの4に決まりました。参加ありがとうございます。

 近代的な建物の中でブライの部屋は、まさに魔法使いの居城と言えた。アリーナがドアを開けると
魔術書に読みふける老人の姿があった。他の職員とは違い、宮廷時代の緑の服装を貫いている。
「そのあたりに掛けてくだされ」
 アリーナが席に付くとブライは用意してあったかのように紅茶を振舞った。
「それでどんな訓練をするの?読書はミネアさんので、もうこりごり」
「ははっ、それは良いことですな。ここには山ほど本がありますぞ?」
「もうっ、からかわないでよ。……でもブライといるとお城にいたころを思い出すなぁ……」
「ワシには今でも姫様はあの時のままに思えますじゃ」
 アリーナを頬を膨らませて抗議したが、やがてそれは笑いに変わり始めた。しばらくの談笑の後、
ブライは立ち上がると一冊の書物を持ち出した。それには『戦闘格闘術』と書かれていた。
「素早さを鍛えれば、敵より早く行動することができます。しかし、自身も高めれば必殺技も扱えるようになるのです」
「すごいっ!早く教えて!」
「……しかしここが問題なのです。必殺技はHPを消費します。しかも姫様の現在のお体では負担も
大きいでしょう。ここはゆっくりと……」
 そこへ突然扉が開き、緑のコートに身を包んだ二人の戦友――クリフトが飛び込んできた。
「姫様!敵のアジトを襲撃するとのことです。至急準備を整えてください」
 アリーナとブライは顔を見合わせた。老人が頷き、一人残るのを確認すると、オレンジ髪の少女は
先を駆ける若い神官の後を追った。

アリーナは素早さが2上がった。HP18 功7 守6 速12 覚醒度13%

今回は選択肢がありません。これから戦闘が始まるのですが、戦闘は次回から
プレーヤーに選択をお任せしようと考えています。今回はどんな感じかを
掴んでみてください。

50 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

51 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

52 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

53 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

54 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

55 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

56 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

57 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/03 12:58 ID:gEgm5PxL
一文一文の表現力はそう悪くはないと思いますが、
展開が早すぎるような気がします。
もうちょっと、状況を連想できる文章の量を増やした方が良いかと。

58 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/03 16:24 ID:8bvcAnFv
>57さん
的確なアドバイスをありがとうございます!なるほど、状況を把握できるような文章で、
且つ短文形式にもっていけたらベストなのですね。頑張ってみますのでこれからもよろしくお願いします。

>どなたが存じませんがあぼーんしていただいて助かりました。ありがとうございます。

 深い森に佇む一軒の小屋がある。独立派と呼ばれるアジトの一つだ。辺りは闇夜に包まれ、
月の灯火が唯一の道しるべだった。暗い茂みに身を潜め、その小屋をじっと見詰める二つの影――アリーナとミニモンだ。
 茶色のコートに黒いニット帽でオレンジ髪を隠すアリーナに対して、小さき悪魔と呼ばれる魔物のミニモンは、
子供用のフード付きコートにすっぽりと身を包んでいた。ただし、ミニモンの場合は自身が同じ緑色なので
保護色となっているかは、疑問の余地がある。
「見て、巨人がいるよ。やっぱり敵は強そうだね」
 ミニモンの指を差す周りをうかがうと、草色の肌を持つ巨人が棍棒を手に、辺りを巡回している。
「うん、でもやるしかないね」
 アリーナは拳に力を込めた。
「ちょっと待って。世界樹の雫と世界樹の葉は持ったよね。予備はあるから、もし危なくなったら駆けつけるよ!」
 アリーナはその返事にニコッと笑ってみせた。そして敵を目指して猛然と向かって行った。

59 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/03 16:29 ID:8bvcAnFv
 独立派のアジトになっている小屋は幾つかの部屋に分かれており、その中でも一番広い部屋には
赤紫色の髪をした美女と赤髪の大男がいた。美女はその白い美脚をソファで交差させ、
大男は部屋の中央で呆然と立ち尽くしている。
「独立派ももうダメね」
「……敵、もう来てる……バズズどうする」
「知らないわよ。アトラス、あんたが倒してくれば?進化の秘法を使った小娘でも、あんたの怪力なら
良い線いけるんじゃないの?……それにしても折角モシャスしたんだから、もっと良い男になればいいのに」
「姿変える意味無い。中身大事。敵の様子見てくる」
 そう言うとアトラスはドアから出ていった。
「最近の若い奴らに聞かせてあげたいわ……まったく、あたしも出るか」
 バズズは傍に掛けてあった黒いロングコートを身にまとい、外へと繰り出した。

60 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/03 23:57 ID:nI6LG/IH
ここで戦闘の説明をします。

現在アリーナのステータスは、HP18 功7 守6 速12 覚醒度13% ですが、
これでは話しになりません。そこで覚醒発動を行います。これは戦闘時にのみ有効で、
例えば覚醒発動を10%と設定するとすべてのステータスが10倍になります。
HPなら18→180になるわけです。しかし覚醒度も10%UPしてしまいます。
覚醒度は100%になるとゲームオーバーになってしまうので(今のところです)、
それを押さえるために世界樹の葉を使います。
・世界樹の葉……使用時の覚醒度を半分に下げる。
・世界樹の雫……最大HPの半分を回復する。
今のところアイテムはこの二つですが、通常時でも戦闘中でも使うことができます。

今回はアリーナの覚醒発動を40%で行いたいと思います。
HP720 功280 守240 速480 覚醒度53% となりました。
これで戦闘を始めたいと思います。

61 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/04 00:33 ID:UTCLxj6V
そして今回は分かりやすく敵のステータスも書き込みます。

ギガンテス HP150 功150 守40 速50
アトラス HP??? 功??? 守??? 速???

アリーナは戦う敵は基本的にボス級なので、とても強く設定されています。
プレーヤーには、攻撃、特技、防御、道具、逃げる、から選択していただく予定ですが、
今回は自動戦闘を行います。

ギガンテスAがあらわれた。ギガンテスBがあらわれた。アトラスがあらわれた。
アリーナの攻撃!ギガンテスAに132のダメージ!
アトラスは様子をうかがっている。
ギガンテスAの攻撃!アリーナに7のダメージ!
ギガンテスBの攻撃!アリーナに5のダメージ!

1ターン目終了時のアリーナのステータスは、HP708 功280 守240 速480 覚醒度55%
となりました。続いて2ターン目です。

アリーナの攻撃!ギガンテスAに135のダメージ!ギガンテスAを倒した。
アトラスは様子をうかがっている。
ギガンテスBの攻撃!アリーナに4のダメージ!

2ターン目終了時のアリーナのステータスは、HP704 功280 守240 速480 覚醒度56%
となりました。続いて3ターン目です。

アリーナの攻撃!会心の一撃!ギガンテスBに272のダメージ!ギガンテスBを倒した。
アトラスは逃げ出した。

戦闘終了時のアリーナのステータスは、HP704 功280 守240 速480 覚醒度58%
となり、元に覚醒発動が無くなると、HP18 功7 守6 速12 覚醒度58% 戻ります。
これで戦闘終了です。 

62 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/04 00:49 ID:UTCLxj6V
LVUPは経験値制ではなく、ポイント制にしたいと思います。
今回の戦闘でアリーナは、2ポイント手に入れたのでこの数値2を
HP、功、守、速、のいずれかに振り分けてください。
HPを2上げることもできますし、功に1、守に1と上げることもできます。
たった2ポイントですが、選択をお願いします。

一応∩(゚∀゚∩)ageておきます。荒らされないとよいのですが、sage進行の方が
よろしいのでしょうか?

63 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/04 13:14 ID:kvhal7+y
守1、速1

64 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/04 13:29 ID:kvhal7+y
覚醒度は戦闘終わってもそのままなんですか?

65 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/04 20:30 ID:p9xNhWV2
>63さん
ありがとうございます。では守1速1を上げて、現在のアリーナのステータスは
HP18 功7 守7 速13 覚醒度58% となります。

>64さん
その通りです。もし連続で戦闘が始まってしまうとピンチになってしまいます。
世界樹の葉の使いどころが重要になります。

ストーリーは、いま少しお待ち下さい。その他、世界観等、システムについての
ご質問もお受けしています。

66 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/05 02:50 ID:ZEF6+g38
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/ff/1070549976/l50

67 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/05 13:31 ID:ZOMNPTZK
武器とか防具とかも選択可能なん?

68 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/05 20:21 ID:Ya4HyzU9
>67さん
武器や防具については検討中ですが、仮に作るとしたら攻守を上げるものではなく、
2回攻撃や敵を毒にするといった追加効果としての装備になると思います。

でも覚醒発動中のアリーナが爪を装備したら、その爪折れちゃいそうですね(^^;

DQ4でのストーリーネタが中々浮かばないので、「DQ3――現代の世界に連れて行けないかな」
と模索中です。女子高生風のブレザーにスカートを着せたアリーナがヤマタノオロチと
戦うシーンをぜひやってみたいです。妄想爆発ですみませんm(_ _)m

69 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/05 21:18 ID:Azj5MSWf
ストーリーはまだなのですがここで今後の展開の選択肢を選んでいただこうと思います。
簡単なストーリーを書き込むと、この後アリーナは普遍教会の一員となることになります。
彼らの目的は『竜』の撲滅です。また強力な竜に立ち向かう派閥としてイブール派と
ハーゴン派があります。イブール派はアリーナのように進化の秘法を使いますが、
ハーゴン派は擬人(アンドロイド)の少女――ジョゼットを使って戦せています。

まだ仮ですが選択を用意します。
1ジョゼットと訓練。
2ヤマタノオロチを倒しに行く。

それでは数字の選択をお願いします。

70 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/05 21:22 ID:nswWSlTX


  なんつーか、 末 期 だ な

71 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/05 21:22 ID:CFbjV6I3
>女子高生風のブレザーにスカートを着せた
>ヤマタノオロチ

    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ    ヽ    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ    ヽ    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
  |    ::<      .::|あぁ.    |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

72 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/05 21:24 ID:CFbjV6I3
>女子高生風のブレザーにスカートを着せた
>ヤマタノオロチ

    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ    ヽ    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ    ヽ    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
  |    ::<      .::|あぁ.    |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

73 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/05 21:28 ID:CFbjV6I3
>女子高生風のブレザーにスカートを着せた
>ヤマタノオロチ

    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ    ヽ    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ    ヽ    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
  |    ::<      .::|あぁ.    |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

74 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/05 21:29 ID:CFbjV6I3
>女子高生風のブレザーにスカートを着せた
>ヤマタノオロチ

    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ    ヽ    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ    ヽ    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
  |    ::<      .::|あぁ.    |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

75 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/05 21:30 ID:CFbjV6I3
>女子高生風のブレザーにスカートを着せた
>ヤマタノオロチ

    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ    ヽ    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ    ヽ    /\___/ヽ    ヽ     /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ   /    ::::::::::::::::\ つ    /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
  |    ::<      .::|あぁ.    |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

76 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/06 01:26 ID:dafF7dLg
1で。

77 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/06 20:28 ID://XJhIjc
何事も基礎が大事、1.

まー、またーり頑張って下さいー

78 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/06 22:53 ID:gN3wSZsy
>76さん>77さん
ご参加ありがとうございます。上げると荒らされてしまうようなので、下げで頑張ります。
マターリですが、よろしくお願いします。 

 開けた森の中で二体の巨人が倒れている。赤い巨人アトラスは人間の姿に戻り、『化け物』
と呼ぶべき少女に恐怖を感じていた。確かに彼女は息が乱れ、疲労を読み取ることができる。
しかし、どちらにしても今の自分では勝てる見込みは難しいだろう。
 そこへ茂みから小動物かと思える緑色の者が飛び出し、少女に何かを与えた。おそらく、
回復薬に違いない。

アリーナは世界樹の葉を使った。覚醒度が半分になった。覚醒度58→29%

「さすがね、こんなに簡単にやってしまうなんて」
 ブーツの音を響かせロングコートに身を包んだ美女――バズズはアトラスに歩みよった。
「例のと戦わせるわ。まだ完全じゃないけど、何とかなるでしょ……ジョゼット!」
「はい」
 音も無く、気配も無く、赤いコートに赤い髪留めをしたお下げの少女が現われた。
「一応味方にする予定なんだけど、話も長くなるし……とりあえず伸しちゃってくれる?」
「はいっ」
 一つ返事で少女はアリーナに襲いかかってきた。

今回は覚醒発動の%をどれくらいにするか選んでください。ちなみにジョゼットは
ワンダープロジェクトJ2をやった方ならお分かりになると思いますが、強いです。
しかも今回は世界樹の葉を切らしてしまいましたので、途中で覚醒度を下げることが
できません。その辺りを参考に選んでください。

1覚醒発動20% 2覚醒発動30% 3覚醒発動40% 4プレーヤーがお好きな%を書き込んでください。

それでは選択をお願いします。

79 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/07 12:58 ID:silgFH5g
29%+X%ってことかな?
じゃぁ、2の30%で。

80 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/08 07:52 ID:tazpIeV+
>79さん
その通りです。ご参加ありがとうございます。2の30%に決定しました。
またギガンテスとの戦闘ではそれほど覚醒度は上昇しませんでしたが、今回は強敵なので
30%程度がもっとも適していると思います。

アリーナ(覚醒発動中) HP540 功210 守210 速390 覚醒度59%

ジョゼットがあらわれた。
ジョゼットの攻撃!アリーナに148のダメージ!
アリーナの攻撃!ジョゼットに55のダメージ!

1ターン目終了時のアリーナのステータス HP392 功210 守210 速390 覚醒度66%

ジョゼットは正拳突きを放った!アリーナに217のダメージ!
アリーナは世界樹の雫を使った!HPが210回復した。

2ターン目終了時のアリーナのステータス HP385 功210 守210 速390 覚醒度78%

ジョゼットの攻撃!痛恨の一撃!アリーナに302のダメージ!
アリーナの攻撃!会心の一撃!ジョゼットに110のダメージ!ジョゼットを倒した。

戦闘終了時のアリーナのステータス HP18 功7 守7 速13 覚醒度94%

ストーリーは少しお待ち下さい。ちなみにジョゼットのステータスは
ジョゼット HP200 功400 守200 速400 でした。
また正拳突きは使用すると、最大HP20%分のHPを消費して、通常攻撃の1.5倍の
ダメージを与えます。

81 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/08 08:00 ID:tazpIeV+
>80
世界樹の雫の効果を間違えました(´Д`;)
最大HPの半分を回復するので、270回復が正しいです。
ジョゼットはHPが少ないので何とか勝利することができました。
ただ、アリーナの覚醒度はヤバイです((;゚Д゚)ガクガクブルブル

82 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/08 09:07 ID:HrCOKuIU
ジョゼットに勝利しましたので、アリーナは3ポイント獲得することができました。
>>62を参考に、HP、功、守、速、の中から、3ポイントを振り分けてください。
振り分けはプレーヤー(皆さん)のご自由ですので、よろしくお願いします。

83 :影君:03/12/08 20:16 ID:pD/F6K6Z
攻に1で、速に2。

ちょっと覚醒度について質問。
覚醒度の特徴について、少し推察してみました。
1.戦闘開始時に覚醒発動を行うと、現在のステータスが、上げた覚醒度のパーセンテージ倍になる。
2.戦闘中は、覚醒度が徐々に上がっていく。
3.覚醒度が100%になったらゲームオーバー。 
4.覚醒度は世界樹の葉を使うことによって、下げることができる。
※戦闘のダメージ量は、攻撃力−(敵の守備力÷2))÷2±a。
とりあえずは、以上のとこだと思います。間違ってら御免。

2については説明が無かったようですが、
この数値の変化については、何か法則性というか条件があるんでしょうか?

84 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/10 00:10 ID:wpbdgIdK
>>83影君さん
ご参加ありがとうございます!1、3、4については全くその通りです。
2については、こちらが勝手にやっているのですが、ある程度の法則として、
訓練でステータスが1上がると覚醒度も1上がるようにしました。
また戦闘ではダメージを100受けると、5ポイント程度上がりようにしました。

それでは、現在のアリーナのステータスは、HP18 功8 守7 速15 覚醒度94%
となりました。ストーリーはお待ち下さい。
それと戦闘ダメージ(攻撃力ー(敵の守備力÷2))÷2±aですが、
実際のDQでも、これを使用しているらしいですよ。

85 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/10 20:07 ID:74ct86kb
保守も兼ねて書き込みますが、主人公をピサロにしてみたいなぁ……と思い始めたりしてます(^^;
今まで読んでいただいた方々からすると( ゚д゚)y \_ ポロッですよね。

でもピサロなら現在と同じく覚醒度システムが使えますし、ストーリーとして
ロザリーのためにDQ3の世界における世界樹の花を求めて旅立つ……そこに待ちうける
普遍教団ハ―ゴン派。というのを生み出し?ました。
なぜDQ3かというとDQ4〜6が夢の世界だからです。ですから実体として生きるのならば
DQ3に関わらなければならない、というのが、あくまで、勝手な、どうしようもない、私の持論です。
物語の舞台は主にギガアの大穴から世界樹までのヨーロッパを想定しています。

どうなるか分かりませんが、よろしかったら参加されてみてください。

86 : ◆WkDN/W0HOE :03/12/11 19:57 ID:8vJ4REfM
DQ3は世界観も設定もしっかりしてるからね。
これからも、またーり拝読させて頂きますー

87 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/11 21:35 ID:wyUGZbp9
>86さん
ありがとうございます(゜ーÅ)ホロリ

例えば覚醒度にしても、疲労度などに置き換えてしまえば、どんなキャラでも
ストーリーを作れると思います。

何かオススメのキャラがありましたら、ぜひ書き込みを下さい!
DQのキャラならば一応すべて網羅しております。あくまでも一応ですが……(^^;

88 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/12 20:42 ID:iJd6U6er
仮にピサロのストーリーにするならば、こんなものを考えてみました。

それはロザリーの一言から始まった。
「シンシアを蘇らせることはできますか?……わたしと同じように」

世界樹の花を求めてDQ3の世界に来たピサロ。しかし、そこには世界樹を管理し、
世界での揺ぎ無い地位を手に入れたい普遍教会ハーゴン派の陰謀が渦巻いていた。

こんな感じで、やってみたいと思います。

89 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/12 22:57 ID:rwi+mPt9
別にアリーナのままでいいんじゃね?
他の話も書きたいのなら、DQ4みたく章仕立てにしたらいいし。

90 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/14 10:23 ID:LtTq/5L7
>89さん
アリーナがシンシアを蘇らせるという旅に出ても良いのですが、ストーリーは暗めなので……。
まぁ、アリーナの明るさでぶっ飛ばすという手もありますけれど(^^;

ご意見ありがとうございます。充分検討させていただきますm(_ _)m

91 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/15 22:23 ID:4tmulcjA
>>83さんのまとめていただいたルールを少し訂正して書き込んでおきます。
1.戦闘開始時に覚醒発動を行うと、現在のステータスが、上げた覚醒度のパーセンテージ倍になる。
2.戦闘中、移動中は、覚醒度が徐々に上がっていく。
3.覚醒度が100%になったらゲームオーバー。 
4.覚醒度は宿屋で休んだり、休憩することによって、下げることができる。
※戦闘のダメージ量は、(攻撃力−(敵の守備力÷2))÷2±a。

主人公に関してはまだ迷ってます(^^;

92 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/17 20:20 ID:tRUPY8ow
保守します!(`・ω・´)


93 : ◆WkDN/W0HOE :03/12/17 20:26 ID:uWA1aBwZ
構想をじっくり練ることも必要ですが、
とりあえずは、実験と題して色々やってみてはどうでしょうか。
学問なき経験は、経験なき学問に勝ると言いますし。

94 :名前が無い@ただの名無しのようだ:03/12/19 16:05 ID:S0h60tv7
短気は損気とも言うけどさ。

95 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/19 21:55 ID:Aoiks5QB
>93さん
m(_ _)m いつも的確なご指摘ありがとうございます。勉強になります(゚д゚)ゝ

>94さん
すみません、こちらが単に遅いだけなのです(ノД`)

う〜ん、悩んだ結果、アリーナとピサロのザッピングでいこうかなと思います。
うまくつじつまを合わせられるかが、問題です(^^;
何とかうまくいくようにやってみます。少々お待ちください。

96 : ◆WkDN/W0HOE :03/12/20 21:08 ID:QQgESYAl
なんか指摘ばっかりですみません(汗
では、気長にまってますー


97 :猛将軍v義文:03/12/21 23:35 ID:HO4GTgTa
>87さん

98 :猛将軍v義文:03/12/21 23:36 ID:HO4GTgTa
>>97
上の文間違いです、すいません。

99 :A.I. ◆CXostpSKZ. :03/12/22 21:33 ID:46lFMIMw
>96さん
そんなことありません、とても参考になってます!これからもよろしくお願いします。

>97さん
保守になってますので、助かりました(^^;

ではまずアリーナとピサロのステータスを書き込みます。

アリーナ HP18 功8 守7 速15 覚醒度10%

ピサロ HP20 功7 守7 速10 覚醒度20%

そして世界はDQ3となりますが、かなりオリジナル要素が強いです。
どうぞご了承くださいm(_ _)m

それでは、アリーナ編とピサロ編のどちらから始めるかを選択してください。

1、アリーナ編
2、ピサロ編

100 : ◆WkDN/W0HOE :03/12/23 14:05 ID:LNksO4XX
100GET!
>99
1でお願いします。

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)